R+house アールプラスハウス 富山西・射水 TOP > お家の標準仕様・品質

長期優良住宅に標準対応した燃費のいい家

お家の標準仕様・品質

デザインが自分好みでも、コストが抑えられても、夏暑く冬は寒い家、長持ちしない家、地震に弱い家では快適な生活はできません。

家族の思い出を刻む住まいだからこそ、快適に長く住める住まいにしたい。長期優良住宅標準対応のR+house富山西・射水は、家族のそんな思いを叶えます。

R+houseは全て構造専門の設計士が耐震性をチェック

構造専門の建築士とR+パネルで地震に強い家

現在、地震に対する工法は大きく分けて3つあります。揺れを伝えにくくする"免震工法" と、揺れを吸収する"制震工法"、そして、地震に負けない強い壁を取り入れた"耐震工法"です。

私たちは、コストを抑えて高い効果が得られる、建物全体を木造モノコックという面で支えた"耐震工法" をとっています。その理由は、建物の条件に対して制約がある免震工法や制震工法と違い、構造自体が強く耐久性もあり、しかも、コストを抑えて高い効果が得られるからです。

建物本体の重さに加え、家具や設備・積雪荷重など長期に渡る荷重に柱や梁が耐えられるか梁のたわみに問題がないことを確認します。 台風などの強い風を受けても倒壊や崩壊しない事を確認します。耐風強度2の確保も可能です。 地震による強い揺れでも倒壊や崩壊しない事を確認します。R+houseでは耐震等級2を標準とし、耐震強度3の確保も可能です。
外力により柱脚・柱頭及び緩衝材等の各接合部分に加わる力を解析し、安全を確保します。 建物を支える基礎が十分な強度を確保できるように設計します。 建物の重心と剛心のズレが大きければ、ねじれが発生しやすくなります。このズレが大きくないことを確認します。

高性能な家に不可欠な高気密・高断熱にこだわった家

オリジナル高性能断熱パネルで夏涼しく冬暖かい家

かつて日本の家づくりでは、各部屋を空調する考えが主流でした。
しかしこの方法では、部屋から部屋に移動する際に急激な温度変化によって心肺停止などの状 態になる「ヒートショック」が起きやすい環境となります。家づくりにおいて断熱を疎かにするということは、「生命」を疎かにするということ。 高断熱は家づくりの最低条件だと考えます。

しっかりとした気密化を行い、任意の空気の出入口を定めることで、どの全室、そして基礎の内部まで淀まず換気することが可能になります。
そして正しく気密・換気された家は壁体内結露を防ぎ、躯体を湿気や白蟻から守り、住宅の寿命を延ばすことができます。
R+houseでは、長期優良住宅の基準を遥かに超える断熱性能(Q値2.7以下)の確保と全棟気密測定を実施し、C値1.0以下を確認の上、建物を仕上げていきます。

長期優良住宅標準対応

標準仕様PDF

R+houseでは「R+houseパネル」を使用することによって、長期優良住宅基準を大幅に上回る性能を実現しています。
また、10年以上前に定められた「次世代省エネルギー基準」をもとに判定する長期優良住宅基準を満たすだけでは快適な家とは呼べないと考え、快適な住宅、エコな住宅を追求しています。

高気密な家とは、隙間が少なく熱損失が少ない家のことで、その性能はC値という指標で表されます。 C値は床面積1m2当たりの隙間面積(cm2)で示され、ゼロに近いほど隙間の少ない高気密な家と言えます。 これまでの日本の目標は5.0(cm2/m2)ですが、高気密にこだわるR+houseの標準は0.5(cm2/m2)です。

高断熱な家とは、室内と室外で熱エネルギーの行き来が少ない家のことで、その性能はQ値またはUA値という指標で表されます。 Q値・UA値は断熱性能を表す指標で、小さいほど熱が逃げにくい高断熱な家と言えます。 次世代省エネ基準をクリアする一般基準は地域によりますが、一般的なⅢ地域・Ⅳ地域=東北の一部〜九州の一部では、表の通りです。高断熱にこだわるR+houseは次世代省エネ基準を大きくクリアしています。

長期優良住宅を建てると資金面でもお得!
長期優良住宅だと税金の優遇があります。 住宅を長期に使用することで解体等で廃棄物の排出を抑制し、環境負荷を軽減すると同時に早期建替での国民の負担を軽減するためです。
ですから税金の面で多くの優遇制度があるのです。
R+houseでは、全店舗で資金計画をたてるための勉強会や、個別相談を開催しています。
ちょっとした知識で数百万円の差が出てしまいますので、どんな家を建てるかを考える前に、税金の優遇や資金計画の大事なポイントをまず抑えましょう。

お問い合わせ
コンテンツ一覧